世界で頑張れ日本人!シリコンバレーから情報発信

海外就職を目指している方、海外進出を計画しているベンチャー企業を応援しています!

レストランでチップを渡す習慣

ふと思ったのですが、なぜ日本にはレストラン等でチップを渡す習慣がないのでしょうか?


チップに関してのBBCの記事です。



今まで全く疑わなかったのですが、日本人はホスピタリティの高い人種で、「サービスはお金で買うものでは無く、日本の文化の一部である他人への”もてなす”気持ちである」だと思っていました。


最近本当にそうなのだろうか?と思い始めたんです。


ここアメリカでは通常15%(ランチ)から20%(ディナー)位のチップをレストランで給仕をしてくれた方に渡します。


ウェイトレスが非常にフレンドリーにサービスしてくれるのは、このチップをもっともらおうとサービスに努力してくれているのですが........


これって、ウェイトレスと客が同等の立場でいるからではないでしょうか?


ウェイトレスは客に”絶対的に尽くし”、客は”神様”ではないわけです。ウェイトレスも客も”同等の人権”をもっており、どちらがどちらに”尽くし”ているわけではなく、「料理・サービス」とその「等価の金銭」を交換しているだけなのです。


ずーっと、頭の中にあったのですが、日本はその人の環境(客、上司、年齢などなど)から上下関係を知らず知らずに作っているのではないかと思うのです。


例えば、就業環境では、自分の「上司」は「自分」よりも”上”で必ず従わなければならない。上司の方もそれを知っており、部下に命令ばかりする。


また、商売で「売る方」は「買う方」よりも下で、お客様は絶対的な立場を持っている。


日本から帰ってくるといつも思うのですが、アメリカの店員の対応は最悪です。でも
なぜかと言うと客も店員も同等の人間だからなのでは?


ちょっと考え過ぎかな?




優秀な外国人は日本で働きたくない

と言う事実がデータとして証明されてしまいました。


The Japan Times で紹介している Bloomberg の下記の記事を見てください。IMDでの調査分析です。



日本の就業魅力は、アジア(11カ国中)で最下位、世界で(63カ国中)51位


なぜなのでしょうか?
言葉の障害と非常にユニークな就業・ビジネス慣習だそうです。


特に管理職と社員の関係が特殊すぎると思います。日本文化で作られた非常に特殊な管理職像があり、それに外国人は納得が出来ないばかりでは無く窮屈なのですね。


私の知っているアメリカ人(日本人ハーフ)も日本のロボット技術に憧れ、日本でのインターンシップを来年から始めるのですが、非常に不安です。


特に優秀な外国人は「日本は高い技術を持っているけど、自分を生かすことが出来ない」恐怖を持っています。


日本は「人をマネージメントする技術」も世界標準にならないと、人材が逃げてしまいます。


アメリカの強力な三権分立

またまた、この記事を見てください!



ご存知の通り、トランプが大統領命令で人種によって米国への入国制限をしています。


しかし、これは人種差別だと言うことでカリフォルニア州の幾つかの”市”やハワイではこの命令に従わず、この制限をしていません。


そこで、トランプはその様な市から「罰則金」を取ろうとしているのです。


ところがです、「連邦裁判所」がこのトランプの行動に待ったをかけ、永久にこの指示を無効にしたのです。


つまり、【行政】の勝手な行動を【司法】が阻止したのです。三権分立が強力に行われ、水際で民主主義が守られています。


この三権分立が、日本ではしっかり働いているのでしょうかね?
何か【行政】が一番権力を持ち、メディアも国民も諦めちゃっているのでは?