世界で頑張れ日本人!米国西海岸から情報発信

グローバルリーダーを目指している方、海外進出を計画しているベンチャー企業を応援しています!

グローバルリーダーは自分のカルチャーを創る!

Now You Should Build Your Own Culture!
You're not supposed to manage different cultures, but rather take leadership of “humans” with their nature of traits.

今まで、このブログでも色々なことを書かせてもらいました。例えば:


世界では通用しない日本の美」や
日本のカルチャーを世界に持ってくる」とどうなるか?とか
では「グローバルな世界って何」とか
またつい最近は「管理職とグローバルリーダーの違いは?」などなど。


で、皆さんから「それは分かったけど、どうすればいいの?」と聞かれます。


そうなんです!
目の前にある色々な違いを吸収したり、100以上ある違うカルチャーを理解してそれに合ったリーダーシップを取ろうとすることは、全く不可能です。


カルチャーが違っても人間本来持っている「本能」は同じなのです。
そこで、グローバル世界の中では、その本能を最大限利用してリーダーシップを取れるような、自分自身のカルチャーをつくることが重要です。


今後のブログでは、その自分自身のカルチャーをどの様に作っていくかを私の経験を基に書いていきます。下記の本を買ってくれても良いのですが。(^_^;) 笑


Amazon】で発売中!



「会社ファースト」って何!

What does "company first" mean in the perspective of managing? People’s autonomy is sometimes considered secondary.

この頃思うのですが、利益を追及している企業の中にいるのですから、「会社ファースト」は分かるのです。しかし、どうもその「会社ファースト」の意味を違って使っている(または意図的に変えている)様な気がします。


上司が言っていることは会社が言っていることだから、絶対であり服従する?


社長が作った計画は会社の計画だから、逆らわずに実行する?


この案は上司が気に入りそうだから、提案してみる?


社長お気に入りの案件だから、全力投球する?


社長にしても上司にしても、結局は1人の個人なのです。会社とは「組織」であり個々の集まりです。そこに違った意見や違ったやり方は有るはずで、その「違い」を大切にしないと「会社」の為にはならないはずです!


「組織」は自分で生きようとする「生き物」と考えた方がよいのでは!


Amazon】で発売中!


細かく指示せずにチームを動かすには!

People would rather work by their own ideas, but traditional Japanese leaders expect people to follow instructions.

難しいです!


指示せずに勝手に動いてくれるチームを「インテリジェンス・チーム」と言いますが、この様な組織を作るには少々工夫と時間が必要です。


チームの中に、高い「関係性IQ」を構築します。


関係性IQとは:

  1. EQ:自分の感情
  2. SI:相手の感情
  3. RSI:自分と相手の間にある関係性

で、特に3番目の自分と相手の関係性を客観的に理解出来るIQが必要です。


人々はある文化の中で育ちますので、その文化のプロトコルが知らず知らずのうちに身についてしまい、自分の感情や相手の感情を考えずに、ただそのプロトコルを実行しているだけになってしまいます。


そのプロトコルを知らずに又は無視して行動すると、「あの人は、礼儀を知らない」と言われるのがその典型的な場合です。


また、自分と違う文化で育った人は全く違うプロトコルを持っていますので、食い違いが起こります。


外国から来た人を「アメリカ人は!」とか「中国人は!」と言ってため息をつくのは、彼らのプロトコルが日本人のそれと違うからです。


グローバルの中で「インテリジェンス・チーム」を作るためには、自分のプロトコルを強制的にフォローさせるのではなく、「関係性IQ」を構築し自分たちで答えを出させることです!


Amazon】で発売中!