世界で頑張れ日本人!米国西海岸から情報発信

グローバルリーダーを目指している方、海外進出を計画しているベンチャー企業を応援しています!

グループの Vision / Mission はどの様に作るのだろう?

There are standard approaches to creating goals and mission statements that junior people can learn, grow, and improve.

皆さんご存知の通り、色々な方法があります。


どの様な方法でも「グループのカスタマーは誰か」、「何を期待されているか」、「何をするべきか」、「成果物は何か」等々、細かく洗い出し Vision / Mission を作る分けですが。


リーダーである貴方は、自分で又は自分と何人かの仲間でこの作業をして、最終的に出来た Vision Statement や Mission Statement を組織の全員に告知してませんか?


いくら内容を詳細に説明しても、貴方の部下は全くモチベーションが上がらなかった経験はありませんか?


そうなんです、いくら上司でも他人が作ったものは、結構「どうでもいい」分野に入ってしまいます。


どんな良い方法で作ろうとも、「全員」を巻き込んで作成しないとだだのステートメントになってしまいます。


Amazon】で発売中!

貴方は「Theory X」それとも「Theory Y」

AHA Message 50 : World standard leadership will define goals, missions, etc. and let people think of how to reach there.
AHA Message 51 : Traditional Japanese leadership style assumes everything should come from topdown, and people’s autonomy is secondary.

基本的なリーダーシップスタイルに2つあります。


【Theory X】


「人間は本来なまけたがる生き物で、責任をとりたがらず、放っておくと仕事をしなくなる」という考え方の基でリーダーシップをとります。労働者は基本的な生活の保証や、安定した人生のみを求めていることを前提にしています。この場合、命令や強制で管理することが多く、目標が達成できなければ懲罰といった、「アメとムチ」によるマネージメントをする手法となります。


【Theory Y】


「人間は本来進んで働きたがる生き物で、自己実現のために自ら行動し、進んで問題解決をする」という考え方の基でリーダーシップをとります。労働者は基本的な生活の保証や、安定した人生のみではなく、社会的な尊重や人生を通して自己を実現することを前提にしています。この場合、命令や強制で管理することよりも、労働者の自主性を尊重するマネージメント手法となります。


非常に簡単なクイズ形式で自己認識ができるサイトを作成しましたので、ご興味があればトライしてみてください。



どちらが良いか悪いかではなく、いつどの様に使うかです!


Amazon】で発売中!



多文化に合わせるよりも、人間の本質と向き合おう!

AHA Message 50 : There are commonalities among different cultures that everyone has. It is humanity’s original behavior/trait: autonomy.

グローバルな世界には、100も200も違う文化が存在します。


その一つ一つの文化を理解し、その文化に合わせてリーダーシップを取ることは不可能です。


ではどうしたら良いでしょうか?


文化と言う鎧の中にある、「人間の本質」と向き合い、その本質と付き合うことが最善だと考えられます。


グローバル・リーダーはその人間の本質を良く理解し、リーダーシップを取っています。


Amazon】で発売中!